トレーニングモードからCPU戦へ切り替える

これまでコンボを練習してきたかと思います。

ただし、コンボを練習しただけでは実戦では勝てません。

今回はそのお話です。

トレーニングモードからCPU戦へ切り替える

コンボはトレーニングモードだけできても駄目

今まで、トレーニングモードで各種コンボを練習してきたかと思います。

ただし、各種コンボはトレーニングモードでできるだけじゃ対人戦では勝てません。

 

なぜなら、動かないキャラクターを相手に練習しているからです。

まず対人戦だと動かない相手なんて居ません

(舐めプレイされない限り笑)

 

CPU戦へ切り替える

いきなり対人戦にいっても、コンボが思うようにできず

凹んで格ゲーを辞めてしまうなんてこともありえます。

特に上手い人とやると何もできずに終わるのが普通でしょう。

 

なので、いきなり対人戦にいかず

CPU戦を最後までクリアできるようになるまでやってください。

 

ただし、ここで意識するべきことが

各種コンボをしっかりと最後まで完走させることです。

 

また、CPUレベルは、最初は弱め(easyとか)でもいいですが。

慣れてきたらCPUレベルを最強(hellとか)にして練習するようにしてください。

 

なぜならCPU戦は、基本的にワンパターンな行動で倒すことが可能なので、

その行動ばかりやってクリアしてしまうかもしれないからです。

 

CPUレベルを最強にしておけば、

ある程度ワンパターンな行動だけでは倒せなくなるので。

 

CPU戦で何が鍛えられるのか

対人戦では、立ち回りという技術が必要になりますが、

残念ながらCPU戦では鍛えることができません。

CPU戦で鍛えることができるのは、

 

『動く相手に対してこの攻撃が当たったらこのコンボを繰り出す』

 

ということが鍛えられます。

トレーニングモードと違って相手が動くので

初めはあたふたするかと思います。

しかし、次第に慣れてきて、

 

『動く相手に対してもコンボができる』

 

という状態になるので、必ずやるようにしましょう。

 

対人戦に切り替えるタイミング

CPU戦である程度の確率でコンボができるようになったら、

いよいよ対人戦に出向いてもいいかと思います。

大体、コンボ成功確率が7割以上になったら対人戦をしてみましょう。

 

ただ、対人戦ではコンボだけができれば勝てるようになるわけでは無いです。

立ち回りなどの技術も要しますので、

とりあえず対人戦に出向いて対人戦の空気を味わってみてください。

 

立ち回りなどを勉強するのは、

その後でも十分だと思いますので、

次回から説明していきますね♪

公式メルマガ:理想のライフスタイルを手に入れるまでの軌跡・マインドを公開中

SNSでもご購読できます。

中城子龍をFacebookでフォローできます!

コメントを残す